サラリーマンモリタシの年収250万円でもできる資産運用

年収250万円のサラリーマンです。少ない年収でも可能な資産運用について勉強しながら実践しています。

IBMの第三四半期決算の結果は

スポンサーリンク

おはようございます。子どもを叱るときについ感情的になってしまい日々反省の、モリタシです。

 

IBMが第三四半期の決算を発表しました。内容はEPS(一株あたりの利益)が予想$3.28に対し、結果は$3.3%でした。特に定番商品であるメインフレームの売上が好調で、事前の予想を上回っていました。決算の内容を好感して、昨日のアフターマーケットでは株価が一時5%以上も上昇しました。18日のマーケットが開いて1時間ほどの時点でのチャートです。現時点で9%ほども暴騰しています。

f:id:moritasi:20171018232121p:plain

 

IBMはここのところ22四半期連続で減収が続いています。52週の高値は$182.79であり、ここ数ヶ月で20%ほども株価は下がっています。また株価の下落に伴い配当利回りは上昇しており、10月17日現在、4.09%と魅力的な数字です。

 

私が購入したのは3月末のことでした。保有株数は8株、当時の取得単価は$174.63、当時の配当利回りは3.43%でした。クラウドサービスはAmazonにシェアを奪われ、ハードウェアの売上も低迷し、株価は下がる一方でした。

 

底入れなるか?

10-12月の売上高は220億-221億ドルが見込まれるようです。前年同期比で最高1.5%の増加となり、アナリスト予想平均の218億ドルを上回る見通し。また、10ー12月期は通常、同社にとって1年で最も売上高が好調な四半期であり、新しいメインフレームサーバーの販売などに支えられ、売上高が前期比で最高29億ドル改善するとの見通しとのことです。

 

数日前の記事になりますが、今をときめくブロックチェーンへの進出も具体化しています。

jp.techcrunch.com

 

私の核となる個別株8種の中では、AT&T(T)とならんで沈んでいるIBMですが、上昇の兆しが見えてきたのかもしれません。年内に買い増すかどうか、まずはこの四半期決算の発表を待って考えようと考えていました。どちらにしても値が落ち着くであろう1週間ほどは様子をみます。

 

ではでは、また。

励みになります、よろしければクリックをお願いします

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ にほんブログ村 株ブログ NISA投資へ